神戸 Kobe

イラスト 画像 絵 

フリー素材






イラストユニ

「イラスト ユニ」 へようこそ。

神戸市の景色 風景などの絵 
四角形のイラスト ・・・ JPG画像
画像だけ独立したイラスト ・・・ 透過GIF画像です。 
WEB上で 神戸 という街に関しては写真集は多少あるものの 絵やイラストを集めたサイトがほとんど存在しないのを残念に思い  当サイトを立ち上げました。   

世界で最もきれいな都市トップ10
  神戸 !!

one of  the top ten cleanest cities in the world  - Kobe.

あじさい
 神戸市の花 あじさい .jpg
”欧米の数多くの情報サイト”  が上記カテゴリーで10都市を選び  
日本では唯一  神戸  をリストアップしていることが 分かりました。
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
illustration, clipart , icon regarding  Kobe City,  mostly JPG image & transparent GIF image.
Your link to this sight is most welcome.   神戸の絵

当サイトの続編を作成していますのでご覧になってみてください。
→ <神戸のイラスト 2>
当サイトトップページ
→   < 当サイトのサイトマップ(目次)>へ 
姉妹サイト →   <イラスト工房ユニ>へ 

神戸の画像



神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像

神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像

神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像

神戸のイメージ画像
景色 風景 JPG画像
 ポートタワー    モザイク

神戸の画像 画像



神戸のイメージ  景色 風景
異人館 JPG画像   風見鶏の家   うろこの館 
神戸のイラスト 画像


神戸市のイメージ
JPG画像 景色 風景
  pleasure boat "CONCERT" ,   "ORIENTAL HOTEL" 
遊覧船「コンチェルト」とオリエンタルホテル    


神戸のイラスト 神戸の画像 神戸のイラスト


小さいイラスト   JPG画像    
神戸のイメージ

神戸のイラスト 神戸のイラスト


神戸のイメージ GIF & JPG画像  
神戸のイラスト 神戸の絵 神戸の絵


神戸のイメージ   JPG画像  
神戸の絵 神戸の絵

神戸のイメージ   JPG画像  
神戸の絵 神戸の絵
神戸の画像 神戸の絵

小画像





現在のところ日本国内ではあまり知られていませんが・・・・。  
<世界で最もきれいな都市トップ10>  
 Top ten cleanest cities in the world.
欧米の有力情報サイトが 2014-2017年に選んだ上記カテゴリーで 神戸  をリストアップしていることが分かりました。    それも たまたま一つのサイトというのではなく  10以上のサイトがいっせいにリストアップしているのです。 

神戸 ヘルシンキ  オスロ  コペンハーゲン  ロンドン  ミネアポリス  ホノルル  シンガポール  アデレード   オッタワ  ブリスベン   カルガリー  パリ   ・・・
等そうそうたる世界の都市に肩を並べてのトップテン入りです。
ほとんどのケースで日本では唯一 神戸だけが選ばれています。
サイトによって選ばれる都市名や順位に違いがあります。

日本人は海外のサイトを閲覧することがほとんど無く これほど名誉なことが日本ではもちろん 神戸の人達にもほとんど 知られていません。   (神戸市の官民の広報関係者の視野にも偏りがあるようで この件を的確に把握しているかも疑問です) 

神戸 日本の一都市がこのカテゴリーで世界で高い評価をされている事実は 日本全体のイメージを大きく上げることではないでしょうか?
しかし日本国内ではこうした件は取り上げられることもなく 神戸は都市としてさほど高く評価をされてはいません。

しかし海外の目は日本とは全く違うようです。
現代の都市としてのあるべき姿 を客観的かつ公平に評価しているのですね。


参考のために 神戸をトップ10内にリストアップした海外サイトを幾つかをリンクしました。
英文ですが興味のある方はクリックしてご閲覧ください。   スマホにも対応します。
バイトが重いものもあり 表示に時間がかかることがあります。

WONDERSLIST  神戸は世界で3位   

COTI 10  7位

hellotravel    トップ5都市のうち   

CNBS    5位

BestReviewOf   7位

Best Stories   5位

Hot and Top   (YouTube)    堂々と2位です


上記はほんの数例であり 同様なサイトがまだまだ数多くあります。
丁寧に探すと20サイト位はあります。

どんなカテゴリーであれ日本の都市が これほど数多くの海外(欧米のサイト)で取り上げられ称賛されている例 は他にありません。 
下記は <世界で最もきれいな都市トップ10> にリストアップして神戸を絶賛する ”欧米のサイトで紹介された写真” の例です。 
 
神戸

神戸 神戸
右は市内の 相楽園 と呼ばれる庭園のようです。  港町神戸の中心部にこんな素晴らしい日本庭園があるのですね。
海外(欧米)の多くのサイトでこのように写真つきで取り上げられる日本の都市は 神戸以外にほとんど例がありません。


都市を評価する場合 beautiful は一般的ではなく  clean  (清潔で洗練されたという意味) が使われるようです。 
神戸の場合 上下水道処理が完璧であること 市民の環境保全意識が高いこと 等がもともとのが出発点となり 最も重要な要素として ”都市として美しい”   ことでしょう。
現在は世界でトップ10にはいる
  most beautiful and cleanest
な都市としているのですね。 


日本の他の多くの素晴らしい都市さしおいて  神戸ひとり  が抜け出してハイランクなのは
「 なぜ? 」 と不思議さがあります。

”P&G”  という日用品の巨大世界企業の日本法人(P&G Japan) が神戸に本拠を置き また
”ネスレ日本” (総本社はスイスのダントツで世界一位の巨大食品企業) も神戸にあるなどが陰の後押しになっているのかもしれません。   これら の巨大外資が欧米で神戸を称賛しPRしているからなのは十分考えられます。 

しかしそれ以上に 歴史的建造物や珍しい風習 を持つことでの評価ではなく 単に
”現代の都市のあるべき姿” として高く評価されたと解釈すべきでしょうね。
観光客誘致などには直接つながらなくても  ”都市としては最も名誉なこと”  ではないでしょうか。

多くの観光客を集めることが どれほどのことといえるでしょうか?    都市として最も大切なことは 住民が良い環境の中に安心して住める ところであることです。


FORBES という日本でも知られた米国の雑誌社があります。    かって2007年にそこで ”世界で最もクリーンな都市” を27も選び 神戸は25位になったことがあり それが欧米で好印象を持たれる端緒となったのかもしれません。
その当時 勝山市(福井県)が10位となったのですが 人口24000人と都市として小さ過ぎるためかその後は注目度は薄れてしまいました。
いっぽう神戸はよほど印象が良かったのかその後ぐんぐん注目度を上げ 多くの欧米サイトで世界でトップ10にはいるクリーンな都市として称賛される ことになった という流れも考えられます。


ただし・・・
現時点での高い評価は ”欧米系サイト” に限られており アジアの ”中国系サイト” 等に高く評価されるには至っていないこと を記しておく必要があります。    つまり神戸はアジアでの評価はあまり高いとはいえないままです。
いま訪日観光客が急増している といっても ”90%近くが中国 韓国 台湾 その他のアジア系の人達” です。     だから観光面で神戸はその恩恵をさほど 受けることはないのです。



ポートタワー     神戸ポートタワー    the Kobe Port Tower
ポートタワー ポートタワー ポートタワー

半世紀以上前に建てられたときは神戸で最高の高さ
(約115M)を誇りましたが現在ではこれより高いビルは珍しく なくなってしまいいました。    今は高さでは自慢できなくなりましたが・・・
しかし上にゆくほど再び太さが増すという 世界でも例のない ”つずみ型” のユニークな 形式で 「鉄塔の美女」 といわれるほど美しいタワーです。

現在でも神戸のNO.1のシンボルの地位にあります。
これが無くなると神戸ではなくなってしまうといわれるほどの存在感です。


明石海峡大橋
the Akasi Strait Bridge in Kobe

世界最大の吊り橋 左は透過GIF画像  右はJPG画像

明石海峡大橋 明石海峡大橋
明石海峡大橋 明石海峡大橋

The Akashi-Strait Bridge in Kobe is the longest suspension bridge in the world listed in the Guinnese Book of World Records.   It is suspended over the Akashi Strait.
明石海峡大橋は神戸市の最西部にあり淡路島と結びます。
吊り橋としては世界最大で 全長3900メートル 二本の支柱間の距離1991メートル で世界記録として ギネスに登録されています。    海面から橋脚までは63メートルあります。
単に鉄製構造物という面でも世界最大級です。   起点となる舞子公園から見るとそのあまりな壮大さには度肝を抜かれます。    本州と淡路島 四国を結ぶ 実用面だけでなく 神戸の最も巨大な観光資源で この橋を見るための遊覧船もあり 外国観光客も多く訪れます。


風見鶏の館の風見鶏 (weathercock )
透過GIF画像  & JPG画像

神戸のイラスト 神戸のイラスト


鉄人28号像
左はJPG画像 右は透過PNG画像。

   神戸のイラスト 神戸のイラスト

Tetsujin No.28, a huge stature at almost 20m tall.
鉄人28号は高さ20メートルに近い鋼鉄製の巨像です。
神戸の下町の長田区の商店街が阪神大震災の復興のシンボルとして立てたもので 商店街繁栄の祈りを込め 近くの広場にそびえ立って います。   ビル3−4階建ほどの高さの巨大な像なのでびっくりされる人達が多いようです。



異人館
北野地区 北野異人館 透過GIF画像
ijinkan :   former residences of early foreign settlers in Kobe.
風見鶏の館      
風見鶏の館 風見鶏の館

ベンの家     シュウエケ邸 
神戸のイラスト 北野異人館

もえぎの館     旧パナマ領事館
北野異人館 神戸のイラスト

   うろこの家       洋館長屋 
北野異人館 神戸の画像

中央区の北野地区の異人館街は代表的な観光地区のひとつです。
<異人館> といわれるものは神戸にしか存在しない言葉です。  明治期に外国人により建てられたもので 現在は30軒近くも保存されておりうち3軒ほどは国指定の重要文化財です。    レトロで美しいだけではなく非常に貴重な文化遺産です。
 


旧居留地 神戸外国人居留地 
The foreign settlement in Kobe established early in the Meiji era.

「旧居留地十五番館」 −  重要文化財
Important Cultural Property
旧居留地のシンボル 「旧居留地十五番館」 です。
1880年頃築。  1899年頃まで存在した旧居留地の唯一の生き残りです。 国指定重要文化財。

「旧居留地 」 とはかって 神戸外国人居留地 と呼ばれていたもので日本では神戸にしかありません。 
海よりに位置し 山沿いの北野町に異人館が多く建つまではここが欧米系外国人のビジネス街及び住宅地でした。 

現在は一般のオフィス街ですが 超有名ブランドの PRADA をはじめ多くの高級ブランド店やおしゃれなレストランが そこここに散在し  垢抜けた街並みを形成しています。

これほど洗練された美しい街並みは 日本の他の都市には見られません。   ヨーロッパのおしゃれな街に迷い込んだような街並みです。


このあたりの新しい街ずくりが始まったのは10−15年ほど前からのことで 現在は神戸の近隣では知られているだけで 全国的にはまださほど 知られていません。     昔は 古びたオフィス街 のというぱっとしないイメージでした。 
街ずくりが始まってから 多くのオフィスビルの一階は  <欧米系高級ブランド店>  が入居するようになり 垢抜けた変貌を遂げてきました。
ユニクロ 青山 といった安価が売り物の大衆向けアパレル店や Macなどの大衆外食店や ラーメン店など全くありません。   だから
< 日本やアジア諸都市に特有の カンバン> などといった無粋で目ざわりなものはほとんど無いのです。
本来はオフィス街なのですが企業名も遠慮がちに小さく表示され 目につくのはブランド店のローマ字表示ばかりです。   そうした店舗は100店くらい あるでしょうか。   

東西800メートル 南北400メートル程の一角で 歩道も広く取られ 街路樹も美しく 高級ブランド店とあいまって 昭和初期以前の風格のあるビルがそこここに散在し  実に美しい街並みが形成されています。
旧外国人居留地という歴史をふまえた見事な街ずくりというべきです。 


旧居留地
旧居留地歴史的建造物
「商船三井ビルデイング」 − 「神戸郵船ビル」
 透過GIF画像/JPG画像
商船ビル 商船ビル
神戸郵船ビル 神戸郵船ビル

「商船三井ビル」 は1922年(大正11年)に完成しました。   大正期建設の現役の大規模オフィスビルは 東京の 丸ビル(旧) 大阪のダイビル が無くなった現在 日本でこの建物だけになってしまいました。

「神戸郵船ビル」 はさらに古く1918年(大正7年)の竣工です。   三階建てで商船三井ビルほど大規模ではありませんが  同じく神戸の古き良き時代を偲ばせる堂々たるビルです。 

多くの新旧のビルが倒壊した阪神大震災((1995)にも悠然と生き残りました。    この二つは風格の高さだけでなく当時のすぐれた建築技術を偲ばせる  ”大正期の大型建築物” として神戸だけでなく日本の宝といえるほど貴重です。



旧居留地
 歴史的建造物   
「旧チャータード銀行神戸支店 」
(国道2号線沿い)
”神戸で最も品位が高く美しいビル”

チャータード銀行
中央区海岸通にあり1938年(昭和13年)に建てられました。
昭和初期なので歴史的にとても古いほどでもなく 大きくもありませんが・・・
「その品位の高い美しさは 神戸じゅうの新旧のビルのうちでもトップにランクされる」
といわれる方々が多くおられます。  (イラストではもうひとつうまく描けませんでしたが)
英国人J.H.Morgan氏による設計で 英国王室憲章チャータード銀行 の支店として建てられました。
現在はアパレル店やレストランが入居しており誰もが訪れることができます。  


旧居留地
歴史的建造物  「旧居留地38番館」   
1929年(昭和4年) 米国の銀行の支店として建築。
ウイリアム メレルウオーレスの設計。
アメリカン ルネッサンス様式とされます
現在は大丸百貨店の売り場の一部として使用されています。


旧居留地
歴史的建造物  神戸市立博物館」

絵 1935年(昭和10年)建築。
東京の旧丸ビルなどを手掛けた桜井小太郎氏による設計で
新古典主義様式とされます。
登録有形文化財です。
かっては旧横浜正金銀行 ー 旧東京銀行神戸支店 として使用されました。
品位の高い美しさを誇る堂々たるビルです。
 

the portrait painting of St.Francisco Xavier (1506-1552).
< 聖フランシスコ・ザビエル像>  国指定重要文化財  

教科書にものせられ非常に有名なザビエルの肖像画です。
この神戸市立博物館に所蔵されています。
江戸時代初期から厳しい禁教の時代を経て 茨木市の信者の家に秘かに保管されていたのがやっと大正時代に世に出ました。    江戸初期に こうした西洋風の技法で日本人によって描かれた絵であることも美術史的に非常に貴重です。

その後 池永孟 というコレクターが大切に保管し 「神戸が最も保管するのにふさわしい街」 と考え 他の幾つかの貴重な江戸初期の西洋風な絵と共に神戸市に寄贈しました。   今ではまさに神戸の宝物です。
ザビエルさんは日本では最終的に 神戸が安住の地 になったということになりますね。

イラストは絵の一部を レプリカ (イミテーション)したものです。



真珠の街 Kobe
Kobe, the City of Pearl both in name and in reality.  It is a center of the pearl processing in Japan
真珠の街 と呼ぶのにふさわしい都市は神戸しかありません。    意外に知られていませんが 神戸は日本の真珠加工の中心地なのです。    国内や 海外で生産された真珠は神戸に集められ宝飾品として加工されたうえで出荷されます。    国内流通の80% 世界の50%(高級品なら80%以上)が神戸から出荷されているのです。

神戸のイラスト 神戸のイラスト 神戸のイラスト
「日本真珠会館」 は旧居留地(東公園西側)にあり日本真珠輸出組合のものです。  1952年(昭和27年)建築。 
一見 古びた平凡なビル に見えますが
 「日本のモダニズム建築100選」   (DOCOMOMO日本支部)
にリストアップされ モダニズム建築の秀作として高く評価されているのです。   登録有形文化財です。 
館内には 「神戸パールミュジアム」という真珠のミニ博物館があります。 入場料は無料です。 ただ土日は休み。
(終戦後の資材の質が悪い時の建設のせいか 今は痛みが激しく残念ながら建て替えられることになったそうです)


サンバ SAMBA in Kobe

絵"" サンバと神戸
SAMBA is a splendid dance to dance to two-fourth beats of music.  The birthplace of it is Brazil.
As for Japan , it may be said that Kobe is the home of SAMBA.
ブラジル発のサンバは四分の二拍子の音楽で踊る華麗なダンスで世界中で人気があります。    この二拍子の活発で華やかなダンスの 日本での中心地は神戸といえます。   何故なら

サンバの本場である リオデジャネイロ は神戸とは姉妹都市である 
昭和初期まで行われた日本人のブラジル移民の本拠地は神戸であった

とブラジルとは古くから密接なつながりがあり サンバが直接神戸に伝わったのは当然の流れです。   かっての移民の本拠地のビルは 現在は ”日伯協会” というブラジルとの交流団体の本部となっています。

”神戸まつり” というさまざまな団体がパレードを行い 100万人も集まる全市的なお祭りで最大の呼び物はサンバなのです。   市民の人気は年々高まるばかりで  四国徳島の阿波踊りのような熱狂度に近くなりつつあります。
本場のリオからも素敵なダンサーさん達が応援にかけつけてくれます。


中華街 中華街 − 南京町  China Town
  (神戸は日本における華僑の中心地です) 
明治期 中国(当時は清国)の人達は 外国人居留地(現在の旧居留地) に条約の関係で拠点を置くことは許可されませんでした。    その代り 居留地の西隣に中国人専用として ”狭い一角” に押し込めるように割り当てられました。
当時は 南京町 と呼ばれ単に中国人向けの市場としての機能が目的でした。

横浜や長崎の中華街にくらべると 「なんだ。小さいな」 ということになります。 
これは当初の事情から土地が狭いため 現在の小規模店舗100ほど以上に拡張ができないからなのです。   そこでここに収まりきれない寺院や多くの中華の店舗や 住居などは広く神戸市内に分散しているのです。  

神戸の旧中華系の人達は横浜や長崎の数千人に対して それに倍する一万数千人に達します。  (ここでの旧中華系の人達とは近年渡来した中国人とは全く 別です。   清国や中華民国と言われていた時代に渡来した人達の子孫を意味します)
日本の華僑の中心組織は横浜や長崎ではなく 神戸に置かれています。

中華街というとどうしても派手派手のギンギンギラギラになるため
  「神戸のイメージにそぐわない」
と言う声も多いのです。   しかしそれでもこの特異な一角は 多くの観光客で賑わう人気スポットの一つなのです。 


この中華街はこれ以上拡大しないように制約を受けているふしがあります。   隣接する ”旧居留地” というヨーロッパ風なシックな街並みや おしゃれな ”元町通商店街” に包み込まれてはみ出さないよう閉じ込められているような印象です。    そのため狭いままですが これくらいの規模が最も良いのかもしれない とも言われています。

ファッショナブルな娘さん達が 歩きながら串刺しの中華団子をムシャムシャといった光景がよく見られ  普段は行儀く取りすました オトナ達が  ”立ち食い” ”歩きながら食い” をせずにいられなくなる といった楽しい所です。

店内で飲食するとやや高くつきますが 各店の店頭には100−300円ほどの軽食が置かれ 修学旅行生の財布にも優しいのです。

有馬温泉や六甲山まで含めると神戸は観光資源がとても多いため この中華街は横浜長崎のものほど神戸にとってメジャーな観光スポットではありませんが・・・
左は欧米の情報サイトで紹介されている神戸中華街の写真の一例です。    海外で写真までつけて取り上げられている日本の中華街は神戸だけ かもしれません。



栄光教会 及び 神戸教会(日本基督教団)
神戸を代表する教会建築の名品です。
   Kobe Glorious Church & Kobe Church   of the United Church of Christ in Japan 

神戸栄光教会 神戸教会
下山手4丁目にありその美しさで市民に馴染まれた「栄光教会」は 阪神大震災で倒壊しましたが 古いイメージそのままに再建を果たしました。      栄光教会から約1キロ西の 「神戸教会」 は震災では生き残り 1932年竣工時(4代目)の面影をとどめています。    この教会は日本最古級のプロテスタント教団に起源があります。(1872年ー明治6年: 日本でキリスト教が解禁される一年前に設立 された教団)。

六甲山  −  六甲高原

六甲山 Mt Rokko    六甲山牧場
「六甲ケーブル下駅」− 六甲ケーブルカー
六甲山牧場 六甲山ケーブル
   (レトロイメージの六甲ケーブル)
六甲山ケーブル 神戸にある六甲山はたかだか900メートルほどの山ですが日本では指折りの知名度を誇ります。   訪れる人の数は年間200−300万にも達します。   この 面では東京都の高尾山に次いで日本では第二位ということになります。
残念ながら周囲に連なる山々と区別がつき難いため 「これが六甲山」 という写真や絵はないのです。
訪れるのは登山客というよりハイキング客やドライブ客が大半で山上からの眺望以外に牧場 植物園 レジャー施設 ホテルなどが対象です。 いわゆる ”山” と いうイメージではありません。
こうしたことやさほど高山でもないことからも六甲山および周辺を山というより神戸市街の背後にある ”高原” としてとらえたら どうでしょうか。  ”六甲高原”  というネーミングはいかがでしょう

イラストの「六甲ケーブル下」駅は昭和初期の建設で 神戸の代表的な名建築のひとつに数えられるのではないでしょうか。




有馬温泉  the Arima Spa.
神戸の中の小京都 
有馬温泉 有馬温泉

有馬温泉は日本最古の温泉地ともされ  古代には皇族 貴族 文化人に愛された格式の高さを 誇ります。

日本書記 には 舒明天皇 孝徳天皇 が数か月滞在したと記述されています。
風土記 万葉集 にも登場します。
清少納言 は 枕草子(能因本)に日本三名湯としています。
百人一首にも
    「有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を忘れやはする」
    (大弐三位 − 紫式部の娘) の和歌が採用されています。 
豊臣秀吉は戦国時代の戦乱で荒れたこの温泉地を復興させ 湯治場として愛したとされています。

江戸期には名湯番付で ”日本最高位” にランクされていました。

泉質は三種あり代表的なのはイラストにあるような色の鉄ナトリウム泉です。  珍しい泉質で初めて訪れた方は その色にびっくりして はじめは入るのをためらうこともあるようです。
 

有馬温泉の名は知っていても 兵庫県有馬温泉 と認知され 神戸にあることを知らない人達が多いようです。
しかし  「神戸で最も自慢できる場所は他のどこでもなくこの有馬温泉である」  とも言えるのです。
温泉としてすぐれているだけでなく 古い歴史があるので神社仏閣もかなりあり 古い街並みも残され 雰囲気はまるで  ”小京都”  です。
港町とされる神戸市内の北部に 小京都 があるとは面白いと思われませんか?   

→ 
≪有馬温泉≫


ファションの街 神戸

神戸コレクション 神戸コレクション 神戸コレクション

Kobe is a city of fashion , mainly focused on women's apparel.
Fairly large scale fashion shows are held a few times a year attracting thousands of young girls.
神戸は特に女性ファッションの街です。  神戸ファッションは <神戸系> と言われることもあります。
”ワールド”  ”Javaグループ”  など大手をはじめ  ”ISM”  ”INGNI” など有力アパレルメーカーが神戸に本拠をおいて全国展開を しています。     変わったところでは   子供ファッションに特化したメーカーの ”ファミリア” や パンツ(スラックス)だけを追求したメーカー もあります。


ファッションショウ
神戸コレクション  略して ”神コレ” (こうコレ) :
神戸コレクション 毎年 春と秋に開催される日本最大級のファッションショウです。
有名なパリやミラノのものがバイヤーなど業者向けなの と違い  ”リアルクローズ” (実際に着用される服とい意味) を中心とした一般女性向けのショウです。
若い女性がなんと13000人ほども押しかける華やかさです。
4000ー14000円という高価な入場料が高い方から あっと言う間に売り切れる超人気ファッションショウです。


JAZZの街 神戸  
Kobe is the town where jazz always sounds through somewhere.
神戸はJAZZバンドが日本で最初に出来た街で日本でのジャズ誕生の地とされます。   今も多くのジャズファンがおり 年中どこかでジャズが響いています。    「神戸ジャズ ストリート」 その他の底抜けに楽しいイベントが数多くあります。 



中央区の北野坂を中心に ジャズのライブハウスの激戦地といわれるほど数多くのライブの店があり   まるでニューオーリンズの日本版みたいです。
There are a lot of Jazz live houses at the Kitanozaka area as if a hard battlefield of those houses like New Orleans in US.


がんばれ 「 神戸シューズ 」 !!
     絵 絵
絵 絵

So called "Chemical Shoes" of Kobe once monopolized a domestic market.   Nowadays, however, the major part of the market has been robbed of by Asian products in cheap quality.     To cope with the situation the people concerned in Kobe are putting up the brand of high quality shoes named KOBE SHOES.
神戸はかって特に婦人靴主体の ケミカルシューズ で全国の市場を席巻していました。  しかし阪神大震災の被害で生産が減った時をきっかけに 安価なアジア製に市場を大きく奪われてしまいました。
それに対処して 「神戸シューズ」 という品質にこだわったブランドを立ち上げ 徐々に成果を上げつつあるそうです。 

なお 運動靴その他のスポーツ用品で今や世界ブランドの  「アシックス」  は神戸に本社を置いています。  もともと 神戸は日本での ”非皮革製の靴” の製造の一大中心地なのです。 

なお最近では ”皮革製の手作りの靴” を受注する職人の店が出てきています。    鈴木幸次さん その他のきわめて優秀な革靴職人 たちが神戸で生まれ 海外にも知れわたりつつあります。



スイーツ  洋菓子 of Kobe      Kobe is one of the big centers of the confectionery production in Japan.
絵 絵 絵

神戸は洋菓子産業の一大中心地で 全国展開している洋菓子メーカーが数多くあります。   大人向けの洗練された 高級なスイーツ を提供するメーカーが中心になっています。    上場クラスの大手では
モロゾフ  ユーハイム  神戸風月堂  ケーニヒスクローネ  ゴンチャロフ などがあります。
市内には個人経営を含めた素敵なスイーツを提供する店が数百店もあるそうです。 

また 全世界で最も人気がある菓子とされる キットカット Kitkat の日本での発売元は神戸の ネスレ日本 です。   



パンの町 神戸    The consumption of the bread per one person of Kobe is the top of the whole country.
パン
スイーツ(洋菓子 ケーキ)に負けす劣らず神戸は  パンの街  です。
神戸の一人当たりのパンの消費金額 消費量は全国の街でトップなのです。
 (ちなみに第二位は何故か ”古都” 京都 なのだそうです)。
スイーツのように全国展開している大きなメーカーはあまりありませんが 個人経営や中小のベーカリー の店が数百店あって味を競い  <パン屋激戦地>  の様相を呈しています。

神戸人のみでなく近隣の府県からも <スイーツの店> <パンの店>をはしごして回るのを楽しみにしている人達が多くおられます。



神戸ビーフ  神戸牛  Kobe Beef ,  beef of the super high quality

神戸牛 神戸牛
神戸牛 Taste of Kobe beef is widely known in the world.
神戸ビーフ は外国にまで知れわたりつつあります。
超高級牛肉  KOBE Beef と銘打ってヨーロッパにまでも輸出されることが決まっています。   ヨーロッパの業者側からの熱心な要望によるものです。
これは日本の農林畜産物としては画期的なことで 日本の他の産物に及ぼすプラスの影響は非常に大きなものです。
また神戸ブランド名が世界中に知れ渡ることにもなります。



灘のお酒   sake, Japanese rice wine brewed at Nada district in Kobe
画像 画像 画像 画像 画像
神戸市東部から西宮市までの地域は 「 灘五郷 」(なだごごう) と呼ばれ日本最大の日本酒の生産地を形成しています。
うち 神戸は 御影卿 魚崎卿 西卿 の三卿を占めます。 
17−8世紀頃から続いており 日本中に知られた有名銘柄も数多くあります。

歴史に乏しい神戸にとって 他にない歴史のある地場産業なのでなんとしても繁栄していってほしいものです。



いかなごのくぎ煮  (佃煮)
  画像 画像

Ikanago-no-Kugini :  small fish boiled down with soy and sugar looking like the form of the iron nail
神戸市西部から明石市にかけて <いかなごの釘煮> という イカナゴという小魚の佃煮の ”大食文化圏” が形成されて います。

毎年3月に入ると一帯にざわめきが起こります。    イカナゴが上がる時期の到来です。
多くの家庭の主婦たちが 猛烈な匂いなど気にかけず腕にヨリをかけて 5Kg−10Kg もの大量の  いかなごの釘煮  を炊きまくり親戚知人に配る という初春の一大仕事の始まりです。  
毎年それを首を長くして待ち望む大勢の人たちがいるのです。  一度食べたら病みつきになる ほどの美味しさです。



日本のコーヒー産業の一大中心地  −  神戸市   Coffee at Kobe
絵"" 絵""

日本には明治初年 飲物としてのコーヒーは最初に神戸に上陸し 大小のコーヒー焙煎業者が多く生まれました。
その代表格が コーヒー焙煎だけでなく日本唯一の大手コーヒー総合企業に成長した ”UCC上島珈琲” です。 
インスタントコーヒーの場合はやはり本社を神戸に置く  ”ネスレ日本” がダントツの市場占有率を占めています。

日本を代表する大手コーヒー企業2社が本拠を置く神戸は 日本におけるコーヒー産業の一大中心地といえるのです。
なおポートアイランドには日本唯一の「コーヒー博物館」 があります。

ついでながら何故か 神戸市民の一人当たりの紅茶の平均購買金額は全国平均の三倍にもなるそうです。 (東京と並びます)。    また テイーバッグ(ドイツ生まれ)は昭和36年に 神戸紅茶 という会社が神戸で最初に試験販売をしたのが 日本での始まりとなりました。  



シテイループバス (透過GIF画像)  
神戸の絵
シティループ (バス)は
   ポートタワー等のある中突堤  旧居留地  北野異人館
などを結ぶ観光用のバスで約15分間隔で運行され 多くの観光客に利用されています。

地下鉄はあっても 公営民営を問わず神戸市は路面電車の無い珍しい都市の一つとされます。   そこでこのバスとほぼ同じルートで の LRT(路面電車)の計画があるようですが実現は難しいのではないでしょうか。


神戸市の市電が走る懐かしい風景   JPG画像
some illustrations of the fond memories of Kobe in old days, around 1965.
昭和40年代前半まで走っていた市電のイラスト


イラスト市電 神戸の市電

古い写真を参考にイラストにしました。    左は下山手4丁目あたりです。  背景の建物は 旧兵庫県立第一高等女学校 の校舎であった建物ではないかと思われます。  残念ながら現存しません。
右は 昭和40年頃の 三宮のそごう百貨店近辺 です。 


神戸市の懐かしい風景 JPG画像
三越神戸店  神戸新聞会館
神戸の景色 神戸の景色

左は元町6丁目 旧三越百貨店の前あたりです。   三越は市電廃止により次第に客数が減り 1984年(昭和59年)に 閉店となり 惜しくも建物も取り壊されてしまいました。   この三越神戸店の雄姿を覚えておられる方は50歳以上の人でしょうか。
右は神戸新聞会館(阪神大震災により倒壊)の南側を走る市電です。


神戸市の懐かしい風景 JPG画像
阪急三宮駅ビル  新開地の聚楽館 
神戸の市電 神戸の市電

左は昔の阪急三ノ宮駅付近。  阪急の駅ビルは阪神大震災で倒壊し現存しません。
右は新開地の ”聚楽館” (しゅうらっかん)  といわれていたかっての神戸の名物的な建物の前あたりです。    惜しくも昭和50年代中頃に取り壊され現存しません。
(いずれも参考にした写真は映りのよくないモノクロ写真だったため うまく再現できたかどうか自信がもてません。   聚楽館 の色については人々の記憶はまちまちで 正しくないかもしれません)。


当サイトは長くなり過ぎたため 下記のことが紹介しきれませんでした。 
  スーパーコンピューター都市  神戸
  神戸医療産業都市 
  神戸を代表するショッピングモール” UMIE”
  その他
そのため続編として  ”神戸にイラスト2” を作成していますのでご閲覧ください。


   ≪ 筆者ブログ ≫
「神戸って。 どこにあったっけ?」 と東京などで問われることがままあります。
関西地方とか近畿圏とかはどうしても 京都と大阪 のイメーばかりが強くて 神戸もあることを知らない人たちが少なからずいるのですね。
古都京都のような大観光都市でもなく 大阪のような地域中核都市でもなく 神戸は全国6番目の人口を擁するものの地方都市に すぎません。    京大阪にくらべて影が薄いのが気になるところですが 反対に
「大阪や京都と一緒にされない方が良いのではないか」  というのが神戸の人の本音かも。
ただ現状では 観光地ブランドとしてはちょっと弱いのは事実ですね。  (但し有馬温泉は広く知られています。  しかしここは兵庫県有馬温泉と して認知され神戸にあるのを知られていないので別途に考えるべきでしょう)

最近は もの珍しさ や バク買い のため大勢のアジアからの観光客が日本を訪れています。  アジアではさほど人気の高くない神戸でも 少しはおこぼれに あずかっている というところです。
ーーーーーーーーーーーーーーー

しかし一般のブランドとしては ”神戸ブランド” はなかなかの面があるようです。

   ≪旅先で見かける神戸ブランド≫ 
東京都の八王子市に行ったとき駅ビルのショッピングモール ”セレオ” で
 「 神戸元町ドリア 」
というチーズ料理の店を見かけました。   同名の店は神戸にもあり 神戸で見かけると全く平凡な感じなのですが違う土地で見かけるとなかなか 鮮烈なイメージを放っていました。     東京を中心に首都圏で15店ほど展開していると聞きました。  
このショッピングモールには他に
「神戸コロッケ」  「神戸元町本高砂屋」  という出店があり 神戸という名がつかなくても
ドンク   ユーハイム   モロゾフ
といった神戸企業の出店もありました。    更に駅近いドンキホーテという量販店で 「神戸ショコラ」 「神戸カレー」  「神戸居留地ブランド缶飲料」 などを見かけました。
旅する身にはまるで神戸に帰ったような嬉しい気分になりました。    八王子市は人口60万の都下最大の都市です。   神戸市との関連は全く ありませんが  これだけの神戸ブランド を見かけるとは驚きでした。
こうした都市がもっともっと増えればいいですね。
また
「神戸屋」 (ベーカリー店舗  レストラン ) 
というパンを売り物にしたお店を少なからず見かけました。   東京を中心に首都圏で数十店ほど展開しているそうです。
この例は神戸市外の業者が ”神戸” という街の名を利用なさっているわけです。   なかなか洗練された素敵なお店ばかりで   「 神戸とはきっと素晴らしい街なのだろうな 」  と想像されるようなイメージがあります。

神戸ではあまり見かけないのですが 東京の中小スーパーを中心に 「神戸紅茶」 というティーバッグ紅茶がよく置かれておりなかなかの人気 があるようです。  この本社は神戸にあります。

平凡なコロッケという食品に 神戸 という名をかぶせて全国的に人気を得た 「神戸コロッケ」  は成功例ですね。 
プリンという平凡なスイーツに神戸をかぶせ 神戸土産のトップに躍り出た  「神戸プリン」  も成功例ですね。  (但し神戸土産なので神戸だけの 限定販売品のようです)

「神戸ビーフ」  は超高級牛肉として今や世界ブランドです。

またさほど目立ちませんが 次のようなブランド名で全国展開している例もあります。
神戸ショコラ ・・・ (江崎グリコ) チョコレート 
神戸ストレート紅茶 ・・・ (日本ヒルス)  
神戸居留地  ・・・ (富永貿易) ドンキホーテ  業務スーパー等で販売される各種缶飲料
神戸名物そばめし ・・・(マルハニチロ) 
神戸ワイン 
神戸カレー ・・・  (ヒョウチク)
神戸風月堂 ・・・ 日本各地に出店のある洋菓子メーカー(風という字が違っていることをご容赦ください)
まだまだあるようです。  

また全国で最近急速に業務を拡大している 「業務スーパー」 (神戸物産)  という例もあります。  ここでは多くの商品にまじって 神戸物産ブランド も少なからず 見かけます

膨大な数の食品や店舗がある中でさほど目立つものではありませんが・・・
一都市名がこれほど多く使用されてる例は他に類例がありません。    店舗や商品名に特定の地名をかぶせる例はあまり多くない のですが  神戸の業者だけでなく 神戸市外の業者にとっても 神戸 の名前はおしゃれなイメージをもたせるために少なからず利用価値が あるようです。
観光地としての認知度は低く   何処にあるのかよく知らない人々も少なくないのに  神戸をかぶせたブランドが多いのは不思議な現象です。   


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
EPILOGUE

   < 神戸が抱える問題点 >  
当サイトでは神戸を紹介するものなので神戸の  ”良いことばかり”  を並べたてました。
しかし良いことずくめでは 神戸紹介の公平さを欠いてしまいます。     実際には日本のどの地域にも様々な形で抱えているように 神戸にも  ”こんな点では全くダメ”  という問題点も少なくないのです。
例えば・・・

*)大阪梅田の巨大商業施設群に買物客を奪われつずける 神戸(特に三宮)の貧弱な商業ゾーン
*)せっかく作ったのに多くの制約を受け もうひとつ振るわない神戸空港
*)人工島その他の造成地での売れ残ってままの広大な空き地
*)企業合併でもともと本社があった幾つかの大企業の神戸の本社の消滅。
*)アメリカ総領事館など主要な領事館のほとんどが 神戸から大阪へ移転している
*)日帰り観光客で賑わっても 宿泊する観光客の数は 京都大阪にとても及ばない

その他まだまだ幾らでもあるのです。
やむを得ない点も多いのですが  「神戸は都市として斜陽化をたどってきた」  という声さえ一方にあるほどです。
こういったマイナス点を補う方策を模索し新たな発展を目指すことが市民や行政関係者の課題です。   これは型は違っても 日本のどの地域にも当てはまることですね。

長々とした当サイトを最後までご閲覧いただき ありがとうございました。
Thank you very much for having you read this long website till the last.
神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像 神戸の画像

All illustrations of our site are offered free.
当サイトのイラストはコピーフリー(無料)で提供しています。

関連サイト
当サイトは長くなりすぎたため分割し 続編サイトを作成しました。 ぜひご覧ください。
→ 
 神戸のイラスト2 

→  有馬温泉  イラスト付 

→  神戸の画像ー写真集 

写真集)

リンクを歓迎します。
他にもさまざまなイラスト集を作成しています。 トップページをご参照ください。

→ TOPPAGE (当サイトのサイトマップ − 目次)

form for your inquiry
当サイトへの <ご意見ご感想ご要望> などございましたら 下記の送信フォームへどうぞ。
→   ≪ 送信フォーム ≫ 


イラスト ユニ
フリー素材 
無料イラスト
profile 利用規定 お問い合わせ