Short Essay in English : an Unforgetable Incident in My Childfood : Dogs 子供の頃の怖い思い出 野犬

To my sensitive heart in the childfood,  nothing was so unhappy and dreadful as an incident I lost my pet animals.
I raised as many as ten rabbits in a hut then.
And there lived in nearby wood a dozen of savage homeless dogs that might do harm to poultries.
0ne day  a couple of them circled around our property as if scouting soldiers conducted an investigation of the layout of the attacking target.
As I sensed a danger,   I patched up the slots of my rabbit hut in precaution.
At one stormy night   I heard many dogs barking and howling outside and I knew they finally assaulted.  But I and the rest of my family could do nothing.
It was horrible to hear many dogs growling in the stormy night.
Next morning found the devastation in my rabbit hut. My dear rabbits were annihilated

On a later day,  we captured their leader, a veteran bitch dog.   Instead of death penalty,   we decided to keep her.
It was ironical that the criminal became a fine guardian to our property.  She acted as if to make up for the evil she and her associates inflicted to my rabbit hut.

私が子供だった頃のこと、 私のペット達を失った出来事ほど不幸で怖いものはありませんでした。
当時 私は小屋で10匹ばかりの ウサギ を飼っていました。 
そして近くの森には、 家畜に危害を加えるおそれのある 野犬達 が住んでいたのです。
或る日のこと、 そのうち2匹が私達の屋敷の周りをうろついていました。 あたかも偵察兵が攻撃目標の地形を調査しているみたいでした。 私が危険を感じ、 用心としてウサギ小屋の隙間などをふさいだりしました。
或る嵐の夜のこと、 外で犬たちの吠え声やうなり声を聞き とうとう彼らが襲ってきたのを知りました。  しかし、 私も 家族たちも何もできませんでした。
翌朝、 小屋はめちゃめちゃでした。  私の大事なウサギ達は全滅でした。
後日のこと、 私達はそのリーダーである 古強者の牝犬 を捕まえました。 そして死罪の代わりに 飼うことにしたのです。
その罪人は 我々の屋敷の素晴らしい番犬になったのは皮肉でした。 彼女は自分と仲間達がウサギ小屋に行った悪事を償うように尽くしてくれたのです。

野犬 ウサギ

他の Short Essay もお読みください。↓クリック↓ 
Essay in English , dogs and cats  縦書随筆 犬と猫
Essay in English   縦書随筆 ニホンザル 
Essay: Fairy Tale  縦書随筆 浦島太郎について

イラスト集  猫  犬 

トップページ(当HPサイトマップ) へ

当ホームページでは各ページとも リンク歓迎 です。
ご意見ご感想は右記へ:   < お問合せ >